自衛隊 出会い

自衛隊の彼氏が欲しい!出会いたいならどうする?結婚も考えた交際なら

自衛隊の彼氏って凄く魅力的ですよね。できれば将来結婚まで考えたいくらいのレベルだと思います。

 

でも普通に生活していて自衛隊の男性に出会うことってほとんどないですよね。駐屯地に行かなければ普通は出会えないです。

 

ここでは自衛隊の男性と出会うためにはどうすればいいのかを詳しく紹介していきます。

 

まずは自衛隊の男性がどれだけ魅力的なのかを紹介していきます。

 

自衛隊の男性の魅力はこれだけある

引き締まった筋肉と健康

やっぱり体は魅力だと思います。

 

毎日鍛えられているので体が引き締まっていて、いざ何かあっても守ってもらえそうな雰囲気が凄く出ています。

 

厚みのある胸板と太い腕は見ているだけでも惚れ惚れします。

 

男として頼れる

自衛隊は国を守る仕事をしている人達です。

 

毎日厳しい訓練と生活をしており、何かあったら率先して困っている人を助けます。

 

こういう生活をしているからこそ、男性としての魅力にあふれていて、すごく頼れる存在なんです。

 

一般男性に慣れていると、自衛隊の包容力というか信頼度にビックリすると思いますよ。

 

誠実で礼儀正しい

これは自衛隊で鍛えられているので、本人にとっては普通でも、私たちにとってはすごく誠実で礼儀正しく見えます。

 

両親に紹介しても全く恥ずかしくなく、ご両親も喜んでくれると思います。

 

生活が安定している

自衛隊の給料は上位階級に上がれば高くなり、月収で100万円を超えるような階級もあります。

 

ただし、普通の自衛隊員の給料は高いわけではありません。

 

だいたいその年齢の平均年収のちょっと上くらいと考えておいた方がいいでしょう。

 

でも重要なのは、安定度です。自衛隊は国家公務員なのでめちゃくちゃ安定しています。

 

さらに色々な手当があるので、それを加味すると旦那さんとしては十分いい部類だと思います。

 

家事ができてサバイバル能力がある

自衛隊員は基本的に家事ができます。

 

上手い下手はありますが、家事ができるのは女性にとってありがたいですよね。

 

バーベキューやらキャンプやらは大の得意です。

 

また、いざという時、生き延びる術を知っています。サバイバル能力が高いのは魅力ありますよね。

 

自衛隊員と出会う方法

それでは本題の「自衛隊員との出会い」について書いていきます。

 

自衛隊員と出会うためにはネットを利用した婚活・恋活が最も優れています。

 

というのも自衛隊員も女性との出会いがないんですね。だからネットを利用して婚活・恋活している人がかなり多いんです。

 

ネットを利用すれば、相手を自衛隊員だけに絞ることができるので、非常に効率よく出会うことができます。

 

例えばネットを使わず運よく合コンなどができたとします。そして自分が好きじゃない人に気に入られたとします。

 

その人を振ってしまうと、もう次回以降なかなか合コンに行くことができなくなってしまいますよね。だって自衛隊の世界って狭いですから。同じ職場での三角関係を嫌がる人もいますし、その人が来る合コンには生きにくくなりますし。

 

そういった面倒なことを考えなくても良いのがネットの魅力でもあります。

 

1対1で出会えば、その人を振ったとしても次回は別の人と合えばいいだけです。

 

ですので自衛隊と出会うためにはネットがかなり優れているんですね。

 

とは言え、ネットの婚活・恋活サイトって沢山あるので良く分からないと思います。

 

ですので自衛隊と出会うために優れたサイトの中で、

 

1、「結婚を考えた真面目な出会いが欲しい人向け」
2、「少しライトで彼氏として付き合うことから始めたい人向け」
3、「かなりライトで遊びたい人向け」

 

の3つを紹介しておきます。

 

結婚を考えた真面目な出会いが欲しい人向け

ノッツェです。

 

ノッツェは自衛隊の福利厚生に登録されている婚活サービスなので、自衛隊員にとって一番なじみのあるサービスです。

 

ノッツェのスタッフも自衛隊の駐屯地まで行って、活動しているので自衛隊員が沢山登録しています。

 

有料会員に入会しなくても無料で相手を検索できるので、いい人がいるかどうかまずは探してみるといいですよ。

 

少しライトで彼氏として付き合うことから始めたい人向け

ペアーズです。

 

ペアーズはフェイスブックアカウントを利用して登録するので、相手が嘘をつきにくいシステムになっています。

 

とは言っても、フェイスブックに何か投稿されるわけではないので、ペアーズで活動していることが友達にバレたりすることはありません。

 

ペアーズでマッチングした後に、お互いのフェイスブックを見たいといえば見せ合えるシステムになっています。

 

自衛隊だと思っていたのに、自衛隊じゃなかったとか、既婚者だったとかいうことがフェイスブックを見れば分かりますからね。そういう嘘が付けないシステムになっているので利用者が急増しています。

 

会員は700万人で、そのうち自衛隊員は約10000人ほど登録しています。

 

ここはノッツェに比べると年齢層が若くなっているので、結婚を前提にというよりは、結婚は見据えているけど、まずはお付き合いしてみてという、少しライトなスタイルで恋活することができます。

 

自衛隊の男性と出会い彼氏彼女の関係になった口コミ体験談


自衛隊といっても、いろいろな部署や肩書、ランクがあるようで、私がお付き合いしたことのある人は、陸上自衛隊の一般的な陸曹の方でした。

 

定年も早いということ、そして見の危険が常に存在していることということで、とてもシビアなお仕事だということは重々承知していました。あの、PKO活動のときにはカンボジアにも行き、まさに命の危険を感じたという話も聞いていました。

 

そんなこともあり、つねにいつもそのときそのときをポジティブにいきいきとハツラツとしている前向きさがとても魅力的な人でした。男らしく力強く、そして頼もしいだけでなく、優しさも兼ね備えており、それなりの常識と知識、専門的な話においては右に出るものがないというくらいに博識な人でもありました。

 

私は今までにそういった業界の人とのふれあいさえ全く皆無であったこともあり、すぐにその人柄に惹かれていってしまいました。今日は戦車で帰ってきましたとか、ミリメシはこんなものでしたとか、楽器の演奏でこういうことを後輩に教えましたとか、ほんとうに普通に暮らしていれば、接することのない、知ることのなかった世界について教えてもらうことが多々あり、勉強になったと今となっては思っています。

 

また、自衛隊には資格を得るためだけに所属する人も少なくないようですが、私のお付き合いした方はそうではなく、とにかく一生勤め上げて、もし殉職するようなことがあっても致し方ないという思いを抱いている人でした。そういった真っ直ぐなところや、純粋さはキラキラして見えていましたし、とても魅力的な人でした。だからこそ、お付き合いしようと思ったわけであり、その決断に間違いはありませんでした。人生でなかなかできない経験ができて、今となってはよかったと思っています。